会社内で独自な社員教育について!

社員教育は会社の行先を左右する

社員教育はその会社の将来を決定すると言っても過言ではありません。社員が会社を動かしているのですから優秀な社員が育てば、それだけ業績も向上するということです。その社員教育ですが、独自の社員教育というのは会社にとって役に立ちます。一般的な外部の社員教育は一般的なスキルアップにはつながりますが、必ずしも会社で役に立つとは限りません。会社ごとに必要なスキルは違っているものです。だからこそ、社員教育にはその会社独自のものが必要です。先輩から後輩へ受け継がれているものが会社にはあります。それだけ培ってきたノウハウがあるということです。それらを教育という形に落とし込めれば会社全体のさらなる向上につながるのです。

横のつながりを重視する社員教育

同じ会社でも部署が違ければ仕事内容は大きく違います。そうなると解決方法も変わってくるということです。その方法は違う仕事であっても役に立つことがあります。相互教育は会社の中においては重要な教育手段の一つです。先生と教え子が入れ替わって教え合うのです。この教育方法のもう一つの利点はコミュニケーションを社内で緊密にすることができるということです。社内で問題が起きた時に話せる同僚が増えるということです。その結果、困難を会社全体で乗り切れるということも起こりえます。社内教育は教育だけに限らず、会社全体の役に立つということです。一方的な教育は実践レベルまで落とし込むのに苦労しますが、どちらも役に立つ教育ならすぐに活用しようとするでしょう。

新人研修は仕事をする上で基礎的なことを学びます。そのため、新入社員の人たちはそこでしっかり学び、それを実際の現場で活かすように努めます。