大切な人材を育成するために!

大切な人材を育てる為に必要な褒めと叱り方の使い方

人材を育てるのが一番むずかしいと言われるほど、人を育てる事は一筋縄ではいかないことだと思います。そんな中で、大切な人材を育てる為に必要になる社員教育として、褒めることと叱ることの使い分けが重要であると思います。褒めて伸びるタイプもいれば、叱って伸びるタイプなど、それぞれの人材にとって最適な成長へのアプローチがあります。すぐに心が折れてしまうタイプに叱り続けると萎縮してしまい、叱られないように仕事をするという基準が出来てしまいます。そのため、大切な人材を育てることが難しくなる可能性もあります。現在の若い世代は叱ればすぐに会社も辞めてしまう人も一定数存在してます。人材を育てることが難しい環境ではあるとは思いますが、上司が適切に人材の傾向を把握し、適切に社内で教育を行うこととで、大切な人材を育成出来る確率が上がると思います。

大切な人材を育てる為に職場の雰囲気が大切

人間の悩みはほぼ全てが対人関係の悩みであると言われ、人は人との関わりに多くの悩みを抱えています。会社に行きたくないと思うのも、職場の誰かに会いたくない可能性が非常に高いです。その為、職場の雰囲気や悩みを解決する環境が整っているかなど、最高のパフォーマンスで会社の人々が働ける環境が整っているかが、大切な人材を育てるために必要になると思います。もし、職場がミスをしたらすぐに舌打ちをする同僚などがいて、ミスをしないように萎縮して仕事をしてしまっているような職場であれば、人材が育つことが難しいと思います。ですが、ミスをしたとしても、適切な解決策を提示してくれて、励ましてくれるような職場であれな、大切な人材は育ちやすくなると思います。社員教育において、大前提として人間関係がきちんと出来ていることが非常に重要になると思います。その為にも雰囲気が良い職場でなければ、適切な社員教育は出来ないと思います。